空港

空港グラハンはやりがいを感じない!?

「空港の仕事って、やりがいを感じるのかな?」

「グランドハンドリングって縁の下の力持ち?やりがいを感じられる?」

こういった質問に答えていきます。

こんにちは。まさなりです。

グランドハンドリングを約6年勤めていました。

※この記事では、やりがいを感じるか、それだけ。グラハンを考えている方、参考にしてみて下さい。

空港グラハンはやりがいを感じない!?

僕の就職した会社では、「貨物課」と「手荷物課」に分けられていました。

・「手荷物課」はそのまま、お客様の荷物をコンテナに詰めたりします。僕は貨物課なので、詳しくは分かりませんけどね。

・「貨物課」は、海外からくる「貨物」を仕分け、空港内にある別の場所へ搬送したりしていました。僕はANAの制服を着てましたね。JALなどの方と話す機会が普通にあります。

貨物にやりがいは感じません

やりがいを感じたいなら、断然、手荷物ですかね。目の前にお客様の荷物があるわけですからね。

実感はわくと思います。

テレビなんかでも、取り上げられるのは、手荷物が多い気がします。

ですが、貨物は実感がわきません。

持ち主の顔が分からないのは手荷物も同じですが、

・「ボロボロ」
・「湿っている」
・「鳥のフンがついている」
・「靴跡がついた箱」

などを見ていると、やりがいは全く感じませんね。

貨物の個数の不一致なども度々あり、「あまり重要なものではないのかな?」とも思ってしまいます。

過去記事に似たものを書いています。気になったらどうぞ→上海からくる貨物が一番印象悪いかな・・・

唯一感じるのは、スーパーカーなどの車ですかね。僕が車好きってのもありますが。「様子のおかしいSUV」かと思ったら、結構いじっているランボルギーニのウルスでした。かっこよかったです。

作業の迫力?は貨物が上

仕事に迫力を求める人はいないかもですが、迫力は手荷物よりありますよ。

手荷物よりも圧倒的に重いものを扱いますからね。まず箇条書きで、、、

・高さ3mのものを牽引
・長さ約20mのものを牽引
・常に10tくらいを牽引
・さらに重いと、体に伝わる

高さが、感覚ですけど、3mくらいの大きなものを牽引することも多いですし、学校のプールくらい?約20mくらい(1台約5mだったかな?)台車を4台繋げて牽引することも多いですね。

手荷物でよく見る小さな台車ではなく、幅2m越え。(10tトラックよりも幅あるかな?)の台車を繋げます。

重さで言うと、約10tくらいは常に牽引してると思います。さらに重いものだと、運転している時、体が後ろへ引っ張られる感覚がありますよ。

乗用車で例えると、「強いブレーキを踏んでる時のような体の動き」になります。逆に、ブレーキを踏むと、後ろから「ドン」と押される感覚がありますね。速度は常に10kmくらいでないと止まれません。

まあ慣れれば面白くないですけど。

やりがいをとるか。迫力をとるか

どうでしょうか?参考になりましたか?
やりたいほうを選んでみて下さいね。

ではまた。

-空港
-

© 2021 masanariblog Powered by AFFINGER5