生活

陰キャぼっち学生生活の記録簿

学校に行きたくない つらい
友だちが減った 休み時間の使い方が分からない
「いじめられている」とまではいかないが、傷つくようなことがよくある

中学生になってから一瞬にして友達がいなくなり、楽しくない学生生活を送ってきました
今は普通に一人暮らしで仕事はツラいですが社会人やってます。

この記事では友達がいなかった僕が実際にしていたこと
・学校での過ごし方
・キモがられた時の対処法


などを書いています。

陰キャぼっち学生生活の記録簿


僕の場合、小学校の時の友達はそこそこいたほうだと思うのですが、中学にあがった瞬間に激減しましたね。違う学校に行く人や、違う地域の人が学校にくるからなのか、そして顔見知りの性格も相まって「家に遊びに行くような友達」はゼロ。思い出すエピソードとしては、「入学初日、体育館前に沢山生徒が集まってクラス分けなどを確認している時に、僕は緊張していてウロウロしていましたがそのときに小学校時代の友達に会いました。ホッとして少し話していたのもつかのま。その友達は、他の友達を見つけるとそっちの方へダッシュ。僕を置いてけぼりにしていきました。全く知らない人と楽しく会話をする友達。」今思い出すと悲しい出来事。つまり、僕と話すより「楽しいから」離れていったわけですね。多分。そこから友達の減少は加速。暗黒時代へ突入ですね。

中学一年生の僕は、休み時間の過ごし方が分からず、しかも教室にいると一人で目立つ。
僕がとった行動は、学校中を歩き回ってました。完全に俳諧で草。
何度も同じところを通るので、もちろんからかわれました。

学校での過ごし方

学校での過ごし方を紹介します。

授業と授業の間の休み時間の過ごし方

僕の場合は、寝たふりか、読書でした。

ひたすら寝たふりか読書。

喋る相手がいないので必然的にこうなります。

誰でも思いつく方法ですが、確実な暇つぶしになります。

高校時代の僕のクラスでは休み時間に普通に「ボール投げ」とかしてましたね。ボールが頭の上を通過している環境で読書は全く内容が入ってきませんが、目的は「暇つぶし」なのでよし!

昼休みの過ごし方

高校時代でのお昼ご飯は自分の机で食べていました。

他のクラスメートも意外に自分の机で食べる人が多かったので目立たずに済みましたね。

ここで思う事は、社会人になって職場でお昼ご飯を食べる際も、ほとんど一人。

数人で食べる人はごくわずかです。

国際空港で働いているので、様々な会社を見かけますが、どこも一緒。

一人で食べることに慣れてしまえばもうこっちのものです。むしろ教室以外の場所で食べる方が目立つ気がします。

後の時間は図書室へGO。チャイムがなるまで読書です。

せっかくの読書なので、知識を沢山つけて将来に役立てることも可能かと思います。

勉強に意味はあります!勉強をしないと大人になって大変ですよ!

体育授業の過ごし方

一番困るのが、二人一組とかグループ作ってーとか。

結局組む人がいなくて先生と組むはめになり、周囲からからかわれる。

手っ取り早いのは体操服をわざと忘れること。

水泳も同じ

流石に連続で忘れると何かといわれるので、体育の授業内容を把握したうえで「体操服を持っていくかどうか」を決める。

一番楽な授業はランニングでしたね。

持久走大会の練習とか。あれは、誰かと組む必要もないし、喋る必要もない。ただ走るだけ。体は疲れますが、心は全然疲れないので嬉しい授業。

文化祭の過ごし方

構内を自由に動き回る文化祭の場合では、変に動かずに特定の位置にずっといるといいと思います。

中学一年生の僕みたいに学校中を歩き回っていたらからかわれますからね。

具体的な場所は、人がめったに来ない校舎裏やトイレなど。

そこでずっとスマホをいじっておけばいい。

僕は部室を選びました。高校時代では、友達とよべるほどではないですが少し話す人もいたのでその人の部活をする部室へ行き、時間をつぶしていました。

嫌がらせなどをうけた場合の対応や考え方

中学時代が多かったですね。思い出せるエピソードは、

特殊な授業で、席を一時的に変わる必要があって。僕は女子の席に座るしかありませんでした。授業が終わり元の席に戻った際に、席の持ち主である女の子が僕の座った後の椅子を一生懸命に拭いていました。

こんなエピソードが沢山あり、僕の心はズタボロに。性格もねじ曲がっていきます。重い話ですが、死んでしまおうかなとも思っていた時期もありました。

キモがられた時の対処法

心がズタボロになりまくると、逆に心が強くなっていくのを感じます。
僕の思考はこんな感じ。

「は?ふざけるなよ」

「こいつバカか?」

心で負けてはいけません。頭の中で相手をぼこぼこにする想像とかを当時はしてましたね。

頭の中で内気にならずに戦ってきました。

僕の場合「フケ」が原因のひとつかもしれません。

後頭部に沢山のフケがあると不潔に思われるので。

顔などはしっかり洗顔をして、頭はしっかりシャンプーをする。 外見を清潔にすることで全く違います。

これは社会では常識なので、学生時代にしっかり身に着けておきましょうね。

まとめ

・学校での過ごし方は、無駄に場所を変えずに堂々とする

・わざと忘れるなどして自己防衛をはかる

・キモがられた時の対処法では、確かに悪口はひどいが「自分にも原因があるのでは?」と見つめなおす

・自分に原因がないのであれば、心のなかで戦う

自分ばかりをせめてはいけません。

-生活

© 2021 masanariblog Powered by AFFINGER5